私が借りているアパートがもうすぐ更新時期なんです。今回は別のところへの引越しが決まっているため、早めにオーナーに連絡をしてあげようと思ったのですが、こんなことになりました。

1.自分側エージェントにSMS、と同時にオーナー側のエージェントにも退去の意思を連絡

2.オーナー側のエージェントの電話番号は現在使われておりませんとの自動メッセージ。自分側のエージェントは『私は既に不動産業界から足を洗ったので何も出来ません』と。

3.自分側のエージェントの所属していた不動産会社に連絡すると『so,what do you want?』と冷たい。とりあえず、家の住所を言って記録を出してもらうよう依頼するけど返信なし。

4.オーナー側のエージェントが所属する不動産会社に契約書のコピーを送って、誰か代わりの人をとお願いするも、こちらも音沙汰なし。


私、オーナーの連絡先知らないんですよね。普通どうなの? 過去15年、ずっと賃貸に住んでるけど、大体オーナと顔合わせたことあったり、一緒にご飯食べに行くなど良好な関係のオーナーが多かったのだけど、今回はすべてエージェントを介していたためオーナーの顔も見たことないです。


不動産屋の責務って家を契約してからどこまでなんだろう・・・? 個人のエージェントが仕事してくれないときは帰属する法人がなんとかしてくれるんじゃないのかしら?

誰が私のデポジットの返金に責任持ってくれるのかしら・・・?


∴・。.※.゜∵・゜。・※゜・。∴・゜。※・。゜。∵゜゚・※゜・。∴・゜。※・。゜。

普段から、こういったトラブルに気をつけましょうねとアドバイスする側のわたしですが、なんか自分がトラブってる。。。


今回、仲介のエージェント二人はどちらも大手不動産会社に所属していました。実際は、大手不動産会社の名前だけを使って個人で活動して、契約が決まれば何パーセントかキックバックするような感じだったのかな?

その辺はどうなっているのかわかりませんが、これがもし日系不動産だったらどうだったかなと考えてみました。もし仮にエージェントが辞めた場合は、会社のほうがきちんとデータを保管し、更新時期には不動産会社側から何かしらのアクションを起こしてくれるだろう、と思うのは古い日本人の考え方のなのかしら?


日系とか大手とか、そんなことで安心しちゃいけないんですよね。なんだって、自己責任なんだよなぁ、と頭に叩き込んで、今後起こり得る様々なハプニングも乗り越えていこうと思います。


ちなみに、この1~2年です不動産や人材紹介会社の法人・個人にライセンスの取得が義務付けられるようになりました。ですから、今後エージェント絡みのトラブルは極力少なくなっていくだろうと期待しています。このようにチェックできます。

人材紹介エージェントライセンスチェック

不動産エージェントライセンスチェック

利用者側から確認可能な仕組みができたということは、due diligenceを利用者側の責任でということでもありますね。


∴・。.※.゜∵・゜。・※゜・。∴・゜。※・。゜。∵゜゚・※゜・。∴・゜。※・。゜。


詳細のお問い合わせはメールかお電話で。
e-mail:job@yncareer.com.sg
Tel:  6225-3577 6225-3577



∴・。.※.゜∵・゜。・※゜・。∴・゜。※・。゜。∵゜゚・※゜・。∴・゜。※・。゜。
2012.06.22 Fri l シンガポール生活のこと l Comments (4) Trackbacks (1) l top
今日のランチはマックスウェルフードコートにチキンライスを食べに行ってきました。

有名かつ人気店の【天天海南鶏飯】の元シェフが、マネージメントと喧嘩別れして天天の目と鼻の先に新しいお店をオープンし、今マックスウェルではチキンライスバトルが・・・、なんていうニュースを見たのでどんなもんかと偵察に。

実は先週末、午前10時くらいに行ったら開店準備中で食べることが出来なかったので、今日はリベンジ。

ところが、今日は今日で『火曜日は定休』だそうで、またまた食べられず。


仕方なく【天天海南鶏飯】に並んで食べました。いいの、普通に美味しかったから。


体調悪いときでもチキンライスとヨントーフって食べられちゃいませんか?チキンライスとヨントーフって日本人の味方、便利なローカル食ですよね。


※°°∴・。.※.゜∵・゜。・※゜・。∴・゜。※・。゜。∵゜゚・※゜・。∴・゜。※・。゜※゜・。∴・゜。

シンガポールで働き始めて2~3ヶ月で大きく体調を崩す人がとても多いように感じます。新しい国、新しい会社、新しい仕事、新しい人間関係で精神的なストレスはあるものの、最初のうちは気が張っているんですよね。だから気合で頑張れてしまうようです。


少し時間が経って、気持ちにも余裕が生まれ始めたときにガクっと。この時期はまだ、体調が悪いからといって気軽に何かを頼んだり出来る友達もいないこともあり、不安ですよね。。。私も登録者の方からのSOSで病院に同行したりすることもあります。誰にも頼れなくて最後の手段で私なんかに電話してくるんですよね、きっと。


現地採用の場合でもちゃんと医療ベネフィットがありますから安心してくださいね。入院や手術が必要な病気や怪我は通常保険でカバーされます。会社がグループ保険に加入しますので。

外来でクリニックに行くような場合(ちょっと熱があるとか風邪ひいたとか、そんなとき)、医療費補助は会社によっていろいろ。

●月50ドルを上限として会社負担。
●年間500ドルを上限として会社負担。
●1回の通院につき10ドルを本人が負担して差額は会社負担。
●全額会社負担。

ほんとにいろいろ。

しかし、試用期間中(通常勤務開始から3ヶ月または6ヶ月位)にはこの医療ベネフィットを受けることが出来ないと規定している会社がたくさんあります。

まぁ、ローカルクリニックに行くなら自己負担でも大丈夫かな?風邪ひいてローカルのクリニックでお薬もらって30ドルくらいでしょうか?日系のクリニックに行くとどうでしょう?風邪でお薬もらって注射して200ドルかかることもあるらしいですよ。

英語でのドクターとのコミュニケーションが心配な方は、日本を出るときに3ヶ月程度の海外旅行傷害保険に加入してくるといいかもしれませんね。体調を崩してるとき、日本語で診てもらえるってちょっと安心。海外旅行者保険は高いですけど、そして使わなければそれにこしたことはないですけど、そもそも、もしものときの保険ですからね。


まぁ、一番いいのは病気にならないことです。ストレスのマネージメントも含めて健康管理は自分で責任を持って。健康第一。


※°°∴・。.※.゜∵・゜。・※゜・。∴・゜。※・。゜。∵゜゚・※゜・。∴・゜。※・。゜

詳細のお問い合わせはメールかお電話で。
e-mail:job@yncareer.com.sg
Tel:  6225-3577 6225-3577



∴・。.※.゜∵・゜。・※゜・。∴・゜。※・。゜。∵゜゚・※゜・。∴・゜。※・。゜。
2012.05.08 Tue l シンガポール生活のこと l Comments (0) Trackbacks (1) l top
今日もまた午前中はだるびっしゅくんの凛々しい姿を画面の右上に眺めながらお仕事しておりました。

安定していましたね。

そして、お昼は『彼と別れたらもう生きている意味がない』(本人談)という少女とお話をしてきました。びっくりするくらい目が腫れていました。少しでも彼女の役に立てばと、私の悲惨な話をいろいろ聞かせてあげました。

昨日は『もう会社行かない』って感じでしたが、今日は『とりあえず今週は頑張って会社行きます』と言っていたので、もう少し見守ってみましょう。


20代の失恋なんて人生の肥しですよ。


さて、そんな彼女の年代の方からよくこういった質問があります。
『3000ドルで生活できますか?』
『3000ドルのお給料で貯金できますか?』


※°°∴・。.※.゜∵・゜。・※゜・。∴・゜。※・。゜。∵゜゚・※゜・。∴・゜。※・。゜※゜・。∴・゜。

S$3000でビザが取れるのは、27,8歳の方ということになりますが。


一番大きな固定費である家賃を給与の30~40パーセント位に決めます。ここをベースにします。

家賃大体1000ドル前後になりますね。一人でアパートを借りるには少し無理がありますが、シェア(間借りやホームステイも含む)なら1000ドル以下でHDB(公団)または1000ドル以上でコンドミニアムといったところでしょうか。


では、どんぶり勘定してみましょう。
光熱費50ドル
通信費100ドル

食費:500ドル(朝・昼近所のホーカーで食べて1日10ドルx20日。自炊のための食材は週に一度ローカルスーパーで買い物して50ドルx4回。時々スタバでコーヒー飲むなど)

交際費:400ドル (週末軽く飲みに行く。100ドルx4回)

ビューティーエクスペンス:200ドル。(髪をカット、化粧品、ちょっとした買い物など)


あらら、余裕で貯金できますよ、って言おうとして計算してたら生活ギリギリになってしまった。。。でも、ボーナスあるから!




こういう質問をいただいたときは、『やりくり次第』とお答えします。


シンガポールは物価が高です。でも身一つでシンガポールに乗り込んできた若者には、コストを抑えて生活しようと思えば出来る国でもあります。


家賃を抑えて食費にお金を使ったり、慎ましやかに生活してコンドに住んだり、生活できるかどうかなんて結局のところそれぞれの生活の仕方次第なのですよ。

あ、それと、とても大事なことは健康管理ですね。多くの場合会社の医療補助がありグループ保険などに加入していますが、医療費が高いので、自分のお金を持ち出す必要が出てきたりすると大変です。健康第一。


※°°∴・。.※.゜∵・゜。・※゜・。∴・゜。※・。゜。∵゜゚・※゜・。∴・゜。※・。゜

詳細のお問い合わせはメールかお電話で。
e-mail:job@yncareer.com.sg
Tel:  6225-3577 6225-3577



∴・。.※.゜∵・゜。・※゜・。∴・゜。※・。゜。∵゜゚・※゜・。∴・゜。※・。゜。
2012.04.25 Wed l シンガポール生活のこと l Comments (4) Trackbacks (0) l top