アクアパッツァが食べたい!ということで昨日は朝からウェットマーケットに繰り出して、魚をしこたま買い込みました。鯛、イカ、えび、アサリ。トータルで15ドルくらいだったかな?

安い安いを連呼してたのですが・・・。

帰宅していざ調理となると、内臓指でつかんだり、まな板が魚臭くなったり、もー嫌。
まぁ、出来たものはフツーに美味しかったです。フツーにね。ほんと、フツー(しつこい)。買い物に行って調理してまな板漂白して手を死ぬほど洗うという一連の労力を考えると、アクアパッツァはレストランで食べるのが良い、という結論に至りました。

ダメだなー、わたし。


そんなシンガポールですが、やっぱりダメなときは理由を考えてみないと成長しませんよね。



∴・。.※.゜∵・゜。・※゜・。∴・゜。※・。゜。∵゜゜・※゜・。∴・゜。※・。゜。


自信を持って企業にお奨めする人材ですが、まぁ、結果としてうまくいかないときもあります。採用にならないということ。


うちに登録に来ていただく求職者の方は、もちろん複数のエージェントに登録して複数の企業に面接を行っている方がほとんどです。しかも、うちのようなシンガポール独立系のエージェントで小規模なところは、大手を回ったあとにお越しになる。うちもシンガポールで長いことやってて、まぁそれなりに顧客を抱えてますから、安心してどこよりも先にお越しください♪ てへ。


で、応募する企業が他社と重複しないようにということで、今までどんな業種やどんな職種の面接に行って結果がどうだったのか聞くんですけど、ダメだった皆さん、不採用になった理由を知らない人がたくさんいてびっくりですよ。

知りたくないかしら?ダメだった理由。
ダメだったら次いってみよ!って、数打ちゃ当たる的な就職活動は非効率だと思いませんか?

ダメの理由がわかれば、傾向と対策立てられますし、もちろん改善すべき点があれば改善して次の面接に望めるじゃないですか。知らなかった自分の一面に気づくかもしれない。ほんのちょっと成長できるチャンスかもしれない。



私としても、なるべく企業から理由を聞き出す努力をします。これは何と言っても、次に紹介する人材が少しでも企業側の要望に近くなるように。そして、求職者の今後の活動の参考になるように。でも、企業によっては教えてくれないところもあります。(企業側も採用のプロセスを効率化するためにエージェントに理由を開示して、エージェントから紹介される人材がより良い人材像に近づく努力を惜しむべきではない、というのは私の持論)


怖がらずに『ダメだった理由』、遠慮しないで聞いちゃいましょうv


※°°∴・。.※.゜∵・゜。・※゜・。∴・゜。※・。゜。∵゜゜・※゜・。∴・゜。※・。゜

詳細のお問い合わせはメールかお電話で。
e-mail:job@yncareer.com.sg
Tel:  6225-3577



∴・。.※.゜∵・゜。・※゜・。∴・゜。※・。゜。∵゜゜・※゜・。∴・゜。※・。゜。

2011.10.31 Mon l 仕事探し・雑記 l Comments (0) Trackbacks (0) l top