今週はあっという間でした。

私事ですが、今週月曜日に手術をいたしまして。

シンガポールの国立がんセンターで無料で行っていた子宮頸癌の検診を受けたのがたしか5月の終わり。無料じゃなかったら受けてなかったと思うんです。近所のクリニックで受けられるし無料だし、ってことでね。そしたらその後はトントン拍子ですよ。早めに再検査(生体検査)受けろって言われて受けたら、今度は早めに手術しろと。で、あれよあれよという間に月曜日手術して、翌日からお仕事と。

翌日は自宅から、水曜日以降もアポイントがなければ朝はゆっくり出勤とのんびりさせてもらいました。今週は極力アポイントを入れませんでしたので、今日もこの方が出勤しております。私のデスクからこんな光景。
花@オフィス


手術自体は全身麻酔でしたので痛くも痒くもないというか、何も覚えてません。簡単な手術だそうですのでそんなに心配はしていませんでしたが、麻酔からさめたときに自分がオムツはいてて恥ずかしかったです。癌に進行する前に処置できてよかったなぁと思っています。


日本の子宮頸がん検診受診率はとっても低いそうですよ。世界で子宮頸がん検診受診率が一番高いのは米国で82.6%。ヨーロッパ各国も軒並み70%を越える。一方、先進国22カ国の中で、日本の受診率は23.7%と最低、とのこと。(2006年OECDデータより) 女性の皆さん、癌検診の受診をぜひご検討くださいね。



さて、今日はそんな女性の病気についてお話しましたので、求人情報は女性向けの事務職をまとめて。

※°°∴・。.※.゜∵・゜。・※゜・。∴・゜。※・。゜。∵゜゚・※゜・。∴・゜。※・。゜

日本人女性の一般事務職は慢性的に求人がでております。日系企業の場合は特に、サポート業務で日本本社とのコミュニケーションが求められる場合が多いので、秘書やアシスタントに日本語力を求めることになります。日本本社側が英語でのコミュニケーションに問題なし、という企業はまだまだ少ないのです。ビザ取得が厳しくなってきているので、以前ならS$3000~3500くらいで募集の出ていた求人が、同じ仕事内容でもは最近はS$3500~4000といった求人もよく目にするようになってきたと思います。しかしながら、経験年数が多くなればその経験に見合った給与額ではないとEPがおりません。逆に言えば、経験の長い方はプラスαの経験や知識がないとシンガポールでお仕事を続けていくのは難しいと言うことですね。

※°°∴・。.※.゜∵・゜。・※゜・。∴・゜。※・。゜。∵゜゚・※゜・。∴・゜。※・。゜

現在引き続き人選中の事務職で必要な基本的なスキルは
●英語力 (話す・書く・読む)
●パソコンスキル (MSワード、エクセル・パワーポイント)

そして、それぞれのお仕事でこんなプラスαが求められています。

●総務+経理 (簿記3級程度の知識または経理アシスタント経験)
●秘書+総務 (小規模オフィスでマルチタスク)
●総務+人事 (日本人駐在員の人事関連経験)
●秘書+営業管理 (エクセルに強く、ピボットやV-Lookといった機能を使いこなせる。アクセスが使える)
●秘書+企画アシスタント (数字に強く、エクセルからパワーポイントに落とし込んだプレゼン資料作成できる)


ご応募お待ちしてます!

※°°∴・。.※.゜∵・゜。・※゜・。∴・゜。※・。゜。∵゜゚・※゜・。∴・゜。※・。゜
詳細のお問い合わせはメールかお電話で。
e-mail:job@yncareer.com.sg
Tel:  6225-3577 6225-3577


∴・。.※.゜∵・゜。・※゜・。∴・゜。※・。゜。∵゜゚・※゜・。∴・゜。※・。゜。


にほんブログ村

にほんブログ村

2013.08.30 Fri l 求人情報 (事務系) l Comments (0) Trackbacks (0) l top