遠出の旅行は楽しいんですけど、疲れますね。時差だけじゃなくてほら、最近はいろんな機器が発達したおかげでどこでも電話が取れるしメールがチェックできるじゃないですか。

近隣リゾート旅行だと、日中プールサイドでのんびりしてるときに電話かかってきたり。で、昼夜ひっくり返る国を旅行してると、日中はのんびり楽しめるんだけど、寝てるときにシンガポールからの電話で起こされたり。

電話出なきゃいいとか言われますけど、なかなかそういうわけにもいかずつい仕事しちゃうんですよね~。あ、でも同情とかいりませんよ。好きでやってることなので。全然可哀想じゃないですよ。ホントに。


そうこうしているうちにバンフからカルガリーまで車で移動し、飛行機で帰ってきました。バンクーバーから約1週間かけて移動した道のりを、飛行機だと1時間弱。バンクーバーからまたシアトル経由で、


旅行の〆成田空港へ!

乗り継ぎだけだったのですが、一度日本へ入国しました。

目的は『海鮮三崎港』回転寿司屋さん。ここでとりあえず反省会。空いてるし安いし美味しいのですが店員が無愛想です。成田ではいつもここでいろいろ反省してからシンガポールに戻ります。

そして『TSUTAYA』やっぱりシンガポールで日本の本は高いので、ここで買いだめ。

最後はマチのほっとステーション、『LAWSON』です。成田のローソンで1万円以上買う人って海外に住んでる人だけですよね。

さけおにぎりうなぎおにぎりたらこおにぎり

こういうものを買って、シンガポールの自宅に着いたら速攻冷凍します。で朝ごはんに一つずつ食べます。スイーツ系も冷凍OK。ロールケーキやドーナツ、バームクーヘンなど大人買いして全て冷凍。チップス系もいろいろ買うけど、シンガポールは湿度が高いのであまり長持ちしませんね。<じゃがりこ>と<ばかうけ>ははずさないようにしています。<じゃがりこ・たらこバター味>はかなりのヒットでしたよ。<からあげくん>はその場で食べます。冬場は<からあげくん>と<肉まん系>を食すので、飛行機乗った時点でもうお腹がパンパンです。



そんなわけで、無事シンガポールに戻ってきて2週間、すっかり普通の生活に戻っています。


さて本日の求人情報は過去の求人を再掲させていただきます。来週1週間、日本本社より役員が来星するため、そのスケジュールにあわせて出来るだけたくさんの候補者の方にお会いしたいそうです。
∴・。.※.゜∵・゜。・※゜・。∴・゜。※・。゜。∵゜゜・※゜・。∴・゜。※・。゜。※゜・。∴・゜。


日本から進出してきた人事コンサルティング会社です。まだまだ若い会社で社員も20台から30台の若い方が多く活気のある会社です。若手にも責任のある仕事を任せて活躍する機会を与えていこうという社風。シンガポールは東南アジア全域をカバーするHQとなりますが、本社社長自らシンガポールのMDをされていまして、今回はこの社長のアシスタントを採用いたします。社長ご自身はあまり英語に堪能でないため、当地での通訳や、時間に余裕があれば社長への英語のレッスンなどもお願いしたいとのことでした。MDの出張が多く、面接はシンガポールにて8月24日からを予定しております。

※°°∴・。.※.゜∵・゜。・※゜・。∴・゜。※・。゜。∵゜゚・※゜・。∴・゜。※・。゜※゜・。∴・゜。


タイトル: アシスタント

勤務地: シティ

待遇: S$3000~3500

仕事内容:
●シンガポールオフィス営業事務、一般事務、経理事務
●顧客訪問時の通訳など英語でのコミュニケーションサポート
●海外出張の同行
●将来的にはキャリアコンサルタントとして活躍していただきたい

応募資格
●日・英堪能
●経理の知識あれば尚可
●3年以上の職務経験があり成長意欲のある方
●シンガポール人/PR/Dependent Passの方限定

※°°∴・。.※.゜∵・゜。・※゜・。∴・゜。※・。゜。∵゜゚・※゜・。∴・゜。※・。゜

詳細のお問い合わせはメールかお電話で。
e-mail:job@yncareer.com.sg
Tel:  6225-3577 6225-3577



∴・。.※.゜∵・゜。・※゜・。∴・゜。※・。゜。∵゜゚・※゜・。∴・゜。※・。゜。
2012.08.17 Fri l 求人情報 (事務系) l Comments (0) Trackbacks (1) l top

Comments

Post a comment












Trackbacks

Trackbacks URL
http://ynccsingapore.blog.fc2.com/tb.php/170-f34fd567
Use trackback on this entry.
はじめにお断りしておくと、彼は非常に謙虚で真面目な人間であり、私をいじめたり嫌味を言ってきたりしたことは一度もない人格者である。わかりやすくするために、この彼を有栖川氏(仮名)と呼ぶことにしよう。有栖川氏は生まれながらにして、かつまた生まれた後の実績からも、非民化した特権階級であることを自己認識していない人間である。有栖川氏は謙虚すぎて、自分が恵まれた特権階級にいるということを気付いていない...
2013.11.15 Fri l 投資一族のブログ