紅葉の京都から帰ってきました。

あ~、やっぱり日本はいいですね~。美味しいです。

今回は日本語のできないガイジン2名、英語のできない老人2名を引き連れての京都観光。みんな好き勝手なこと言って私を困らせてくれました。そんな中、満場一致で美味しかったのが、

京都丹波口駅、居酒屋の値段で料亭の味、宮武。ここ、夜は予約が取れず昼だけだったんだけど、お魚がとても美味しかった。
日替わり定食800円。
miyatake.jpg

20年前に行って感動した甘味処、月ヶ瀬へ悲願の再訪。
抹茶クリームあんみつ880円。
tsukigase.jpg

値段の感覚が良くわからないけど、どっちももっと払ってもいいと思うくらいのお値打ちでした。


さてさて、シンガポールに戻るなりほっと一安心、というニュースが。

※°°∴・。.※.゜∵・゜。・※゜・。∴・゜。※・。゜。∵゜゜・※゜・。∴・゜。※・。゜

以前EPの更新をリジェクトされてしまったお客様のことを呟いたのですが、その方のアピールが通って無事更新!

申請しているお給料を払えるだけの売り上げないじゃん!というのが却下の理由だったのですが、ゴニョゴニョと書類を用意して無事取れましたが約1ヶ月かかりました。1年しか更新できませんでしたが、この1年を勝負の年と思って頑張っていただきたい。

実はこの方、EPが既に有効期限を過ぎてしまっていて、今月には一度国外に出なくちゃいけない状況で、アピールの結果がいつ出るかわからないし、今後の計画が立てられないとヤキモキしておられました。

アピールの経緯についてはまた改めて書くとして、勘違いしている方がとても多いので、ここでシェアしておこうと思います。

EPは期限より早く更新手続きしても、早く更新した分の期間を損する、なんてことはありません。

損しません!


EPの更新は有効期限の6ヶ月前から手続きできます。

早く更新すると数か月分がもったいないからギリギリに更新しようと考える方、とてもとても多いのです。更に、皆さん更新は簡単にできると思っていらっしゃる。

更新は申請よりも審査基準が厳しくなります。ですから、ギリギリに更新して却下されたりすると、タイムリミットとの戦いで精神衛生上もよろしくありません。

有効期限の6ヶ月前になったら、すぐに更新手続きしましょう!例えば、来年3月31日まで有効のEPを更新して今日認可され発行手続きしたとしても、新しいEPが24ヶ月有効だった場合、2018年の3月31日が新しい有効期限です。2017年の11月30日ではありません。

はっ、こんなところで今日がすでに12月だと気づいた・・・。



巷では弊社を<駆け込み寺>などと呼ぶ方がいらっしゃいますが、できれば却下されてからではなく、更新手続きの時点で早めにご相談にお越しください!



※°°∴・。.※.゜∵・゜。・※゜・。∴・゜。※・。゜。∵゜゜・※゜・。∴・゜。※・。゜
詳細のお問い合わせはメールかお電話で。
e-mail:job@yncareer.com.sg
Tel:  6225-3577


YNキャリアコンサルタンツのホームページは
<こちらから>

∴・。.※.゜∵・゜。・※゜・。∴・゜。※・。゜。∵゜゜・※゜・。∴・゜。※・。゜。


にほんブログ村

にほんブログ村
2015.12.01 Tue l 未分類 l Comments (0) Trackbacks (0) l top

Comments

Post a comment












Trackbacks

Trackbacks URL
http://ynccsingapore.blog.fc2.com/tb.php/429-e24079f2
Use trackback on this entry.