先月末まで18日間お休みをいただいてイギリスとスイスをのんびり旅してきました。
菜の花畑

毎度のことですが、行く先々で花子を思い出しては涙してチワワ撫でさせてもらってました。
chihuahua at pub

今後数回はブログに旅の写真をちらつかせながら、思い出を胸に、現実のお仕事頑張っていこうと思います。

イギリスではほんとによくビールを飲みましたよ。午前11時からPUBの開店と同時にお店に入って、1杯飲んでは次の店、って感じでいわゆるPUB CRAWLを楽しみましたが、結果、私はやっぱりアメリカのビールが好きだ!と。カスクのビールは味わいが深いのでしょうが、私にはどうもパンチが足りない。ホップの香りも薄いし。IPAでもアルコール度4%とか物足りない・・・。まぁだからたくさん飲んでも酔わないのでクロールできるんでしょうけど。

犬OKというPUBが多かったのはうれしかった。PUBだけじゃなくてレストランやショップも。
dog signdog sign 2



PUBに馬で来るお客さんもいれば、カウンターに猫がいるPUBもあったりして。
cat friendly pub


旅ブログではないのでこの辺で・・・。
※°°∴・。.※.゜∵・゜。・※゜・。∴・゜。※・。゜。∵゜゜・※゜・。∴・゜。※・。゜

NWC Wage Guidelineというのはご存知ですか?シンガポールでお仕事をしていると、毎年この時期必ずローカルニュースになりますので耳にする方も多いと思います。


これは、政労使の代表が集まってシンガポール経済やらなんやらをベースに各社賃上げはこうしましょうよあーしましょうよ、と賃金に関する勧告を行うものでなんの拘束力も持ちません。内容については政府公認ということになりますが、これをそのまま自社に取り入れようとする企業は最近は減ってきていますので、その分この勧告に対する注目度も下がっているかもしれません。私がシンガポールに来たころ(20年ほど前)は発表翌日の新聞一面にデカデカと載っていましたが、組合加盟企業も減っていますし企業の性質も多様化してきたのでしょう。

ここ最近は、生産性向上!低所得者・高齢者に手厚く!っていうのが定番化してます。
また今年は、余剰人員や解雇について触れているのも目を引きました。

以前解雇者が増えた当時直後はMVC (Monthly Variable Components)というコンセプトを給与形態に組み込むようにしきりにプッシュされていましたが、この概念、今も続けている企業はどれだけあるのかな?皆さんの給与明細に、MVCの項目はありますか?


景気が悪くなると、求人マーケットはもちろん停滞します。そしてSingaporean Coreという考え方が更に具体化した方策に結びつくようになると、シンガポールはますます外国人の労働ビザは厳しくなってきます。賃金勧告が取り入れられようと取り入れられまいと、なるほど今シンガポールはこういう状況なのか、というのはちょっぴりわかるかもしれませんよ。

わかりやすいように和訳を添付しておきます。
NWC賃金ガイドライン2016-2017

和訳はあくまでも参考資料です。必ず出典元のMOMの原文をお読みくださいね。
NWC Guielines 2016/2017







※°°∴・。.※.゜∵・゜。・※゜・。∴・゜。※・。゜。∵゜゜・※゜・。∴・゜。※・。゜
詳細のお問い合わせはメールかお電話で。
e-mail:job@yncareer.com.sg
Tel:  6225-3577


YNキャリアコンサルタンツのホームページは
<こちらから>

∴・。.※.゜∵・゜。・※゜・。∴・゜。※・。゜。∵゜゜・※゜・。∴・゜。※・。゜。


にほんブログ村

にほんブログ村
2016.06.10 Fri l 仕事探し・雑記 l Comments (0) Trackbacks (0) l top

Comments

Post a comment












Trackbacks

Trackbacks URL
http://ynccsingapore.blog.fc2.com/tb.php/455-8024afe6
Use trackback on this entry.