家を建てるなら、縁側のある家を建てたいですね、花子のために。

DSC_3762.jpg

人間も犬も、歳をとると西日が似合うようになります。




さて、今日はいつもお勉強させていただいているこちらのアカウントの今朝のツイートから。
※°°∴・。.※.゜∵・゜。・※゜・。∴・゜。※・。゜。∵゜゜・※゜・。∴・゜。※・。゜




こちらを拝見して思ったこと。シンガポールで働く日本人にも同じことが言えるなぁと。そして、“市場を知る冷静な第三者の意見”というのが私の立場ではないかな、と。

ブログやネットの記事などを見ていると、シンガポールで仕事に就いて活躍してます(多少の悩みや不満を持ちながら)という内容はよく目にしますが、私失敗しました!っていうのは目立って出てきませんからね。失敗というと言葉は不適切かな。諦めて帰国、断念して帰国=失敗とはちょっと違いますものね。

実際どれくらいの方が日本からシンガポールに就職活動に来て、そのうちどれくらいの方が仕事を見つけているのか、というのはきちんとした統計もありませんので私の仕事がらの肌感覚でしかありません。

でも、少なくない人数が実際仕事が見つからずに帰国するか、仕事が見つかったとしても短期間(1年未満)で日本に帰国されているのではないかと思います。日本に帰国することは恥ずかしいことではないし、そんな人はたくさんたくさんいるし、それをもし挫折と思うならそんな挫折はたいしたことない。

私は、若い人たちがもっと外に出て活躍できる機会が増えればいいと思っていますし、海外就職というハードルを少し低くして、チャンスをつかみ取るサポートをしたいと思っていますが、100%応援するだけのスタンスでもありません。もちろん、第三者の目で見て就職や転職を成功させるためのアドバイスがメインですよ。でも、諦めるタイミングというか引き際のタイミングというのをつかめずにいる方がいれば、日本に帰ったら?って言うときもあります。お仕事紹介という仕事をしている私にとっては力不足で申し訳ない気持ちもあるし、無責任な言葉ととらえられるかもしれませんが。




先ほどのレストランの話に戻すと、本当に和食レストランが増えていて、そこで働く日本人多いなぁと実感しています。シンガポールではサービス業のフロントに立つのは外国人が多いです。皆さん基本的に労働ビザを取得しているわけですが、これは日本人も同様。日本人の場合ワークパーミットはとれませんから、SパスかEPということになります。


レストラン店内をざっと見渡してみると、この中で何名くらいの方が外国人なんだろう、このレストラングループの規模ならバックオフィスではどれくらいシンガポール人が働いているだろう?今目の前で私にサーブしてくれているこの人はEPかしら?Sパスかしら?と考えてしまう私の職業病。



最初あんなに志を高くしていたのに、ビザも給与も雇用主の言いなり、それでもほかに仕事がないから・・・、そこまでしてシンガポールで働くことに何か意味があるのかなぁ?これは個人の価値観ですから、そこに何かしらの意義を見出しているなら良いのです。でも、夜中にふとベッドの中で「私こんなところで何やってるんだろう?」なんて流しているなら、一度リセットして日本に帰ったほうがいいよ、って思います。


※°°∴・。.※.゜∵・゜。・※゜・。∴・゜。※・。゜。∵゜゜・※゜・。∴・゜。※・。゜
詳細のお問い合わせはメールかお電話で。
e-mail:job@yncareer.com.sg
Tel:  6225-3577


YNキャリアコンサルタンツのホームページは
こちらから

∴・。.※.゜∵・゜。・※゜・。∴・゜。※・。゜。∵゜゜・※゜・。∴・゜。※・。゜。


にほんブログ村

にほんブログ村
2016.10.13 Thu l 仕事探し・雑記 l Comments (0) Trackbacks (0) l top

Comments

Post a comment












Trackbacks

Trackbacks URL
http://ynccsingapore.blog.fc2.com/tb.php/477-a26a8c67
Use trackback on this entry.