ブログを書かないと、花子に何かあったのでは・・・?と思われてしまうみたいですが、花子は元気です。(わたしも元気です)

ねっ。
Christmas Hanako


さてさて、SingPostに疲れた今月は、勝手ながらネガティブ月間とさせていただいております。愚痴をこぼします。

※°°∴・。.※.゜∵・゜。・※゜・。∴・゜。※・。゜。∵゜゜・※゜・。∴・゜。※・。゜

私が見てきたEPリジェクトのケースはほとんどの場合はその知識の欠如にあるんじゃないかと思います。私たち日本人がシンガポールで働く外国人として当たり前のように知っていることを、シンガポール人は知りません。ビザの取得基準の変更に目を光らせるなど、ほとんどのシンガポール人はやっていません。

ローカル企業で外国人があまりいない会社の人事なんてほとんどあてになりません。初めて外国人を採用する会社からEP申請代行の依頼がありました。

内容を確認すると、あー、これ全然なってない!

これではEPが取れる可能性は極めて低いですよ、と説明しても、
「EPがとりにくくなっているのは知ってますよ。来年から最低給与額が3600になるのだって知ってるわよ。だから3600でオファーしたんだから(`・ω・´)キリッ.」。

こういう知ってる風な人が一番厄介で。

「とりあえず、これで申請してみて。どうしてもだめならSPassにするから」

ふむふむ、Sパスの枠があるならまぁいいか、と思ってMOMサイトから確認すると、枠ない!


「Quotaは15%よ。今社員8人いるんだから大丈夫」


よくよく聞いてみると、最近サービススタッフを雇ったばかりのよう。

Quotaでベースになる社員数はCPFとリンクしていまして、MOMシステムに反映する社員数は、CPFの前月の支払期限までの数字をベースにしています。
例えば、7月に5名従業員がいるとすると、7月のCPF支払期限は8月14日、そしてこの社員数がMOMシステムに反映されるのはその翌月の9月となります。

セルフアセスメントに従ったEP申請可能な給与額まで内定額を引き上げることができるかどうか問い合わせるも。これはもう簡単に撃沈。頭をひねって、ではこうしたらどうかしら?と提案されるのは法律に触れる方法ばかり。

今回は採用の決定は変わらず本人も入社の意志が固いということで、採用時期を先のばし来年2月以降にまた改めてご連絡いただくという結論になりました。



あー、疲れた。

※°°∴・。.※.゜∵・゜。・※゜・。∴・゜。※・。゜。∵゜゜・※゜・。∴・゜。※・。゜
詳細のお問い合わせはメールかお電話で。
e-mail:job@yncareer.com.sg
Tel:  6225-3577


YNキャリアコンサルタンツのホームページは
<こちらから>
∴・。.※.゜∵・゜。・※゜・。∴・゜。※・。゜。∵゜゚・※゜・。∴・゜。※・。゜。


にほんブログ村

にほんブログ村
2016.12.29 Thu l シンガポールのビザのこと l Comments (0) Trackbacks (0) l top

Comments

Post a comment












Trackbacks

Trackbacks URL
http://ynccsingapore.blog.fc2.com/tb.php/485-d2eebfd1
Use trackback on this entry.